ケンあや通信

kenaya.exblog.jp
ブログトップ

9年生 綾の日曜日

f0276551_15202074.jpg

9月15日、5日間の農業実習を終え、初めての日曜日を迎えました。鳥山敏子先生も来訪して下さり、みんなで照葉(てるは)大吊橋へ向かいました。綾町の前町長・郷田實氏が遺した世界一の吊橋です。日本一の面積を誇る照葉樹林を眺め、少しだけ?スリルを味わいながら吊橋を渡りました。















f0276551_15325671.jpg

森の中を歩き、イスノキやバリバリノキなど樹種を知りながら、自然林のオゾンをたくさん吸いました。吸うと言いますと、森の中にはヒルがいます。誰も吸われませんでしたが、僕は足を血だらけにしたことがあります。今年は雨が降らなかったため、滝が涸れていました。綾の森の生態系調査では、848種の植物種が確認されています。そのうち40種は希少種です。絶滅危惧種とされているクマタカなどの希少鳥類も見られます。















f0276551_15483268.jpg

遊歩道を一時間ほど歩いた後、照葉大吊橋のスケッチを始めました。それぞれ独特の視点を持ちながら、鉛筆を走らせていました。それぞれの感性はオリジナルなものですから、どれも素晴らしい出来でした。















f0276551_1559453.jpg

遊歩道は急なところもあり、70代の敏子先生の手を時々取られる雅代先生でした。照葉樹林の森を見つめる眼……生態系の意味……スケッチを終えてから、照葉樹林文化館を見学しました。















f0276551_1683350.jpg

昼食は、薬膳茶房・オーガニックごうださんで頂きました。ランチ1,500円ですが、材料を吟味された綾の人気店です。五味調和に基いて、美味しい料理を提供されています。9年生たちは、どんな料理が出てくるのだろう?とワクワクしていたようです。















f0276551_16172290.jpg

郷田美紀子さんは、郷田薬局、オーガニックごうだ、薬膳宿舎・ビオスヴィレッジのオーナーです。実践場では、設立当初からご支援を頂き、食養講座などを続けて下さいました。ここ数年実施されませんでしたが、今年からまた復活いたします。9年生たちは、命の食についてお話を聞くことが出来ました。















f0276551_17566100.jpg

昼食後、綾北川へ行き、川遊びを楽しみました。大きな岩場から頭から飛び込んだり、ロープを使って飛び込んだり、逞しく感じました。9月中旬とはいえ、気温は30℃を超えていますから、水温も左程冷たくはなく楽しめたようです。こちらでは、川遊びにほうけることを、カワガキとも言います。















f0276551_186782.jpg

一体、何をしているのでしょう……?一見、魚を探しているように見えますが、実はゴールド・ラッシュに似た宝探しです。この日、とてもお世話になっている方から頂いた“タイガー・アイ”のブレスレッドを僕は付けていました。9年生たちが泳ぎ疲れて上がった頃、河原の平たい石を敏子先生から渡されました。水面を何連するか、気合を入れて投げたところ、石と一緒にブレスレッドも飛んで行きました。あぁぁ……ブレスレッドが……。そして、タイガーアイ探しが始まってしまった次第です。















f0276551_18172170.jpg

タイガーアイはバラバラになったようで、1個、2個と見つけて行きました。タカヒロさんは、6個見つけ、みんなで11個になりました。そう、9年生たちの人数と同じでした。記念にプレゼントいたしました。何だか不思議で面白い出来事になりました。ナオキさん曰く、来週も川で遊べますよね!と笑顔で言いました。雅代先生は、9年生たちの笑顔や遊びを嬉しそうに見ていました。いい先生と生徒ではないか!緑と清らかな川に別れを告げ、綾の日曜日は無事終わりました。















f0276551_182832100.jpg

敏子先生が綾へ来られた土曜日の夕食の準備風景です。包丁の使い方も、準備や片付けも、日に日に上達しているようです。料理によって野菜の切り方も変わりますから、色々憶えています。















f0276551_18353610.jpg

敏子先生は食後に少し話されました。……みんなが囲んでいる一枚板の大きなテーブルは、郷田實さんが実践場に寄贈したものです……このテーブルは自然のままの曲線……人間関係もこのテーブルのようにありたい……確かにこのテーブルは、ここの象徴的なものと言えるのかも知れません。















f0276551_1841334.jpg

鳥山敏子先生が綾に来られた理由のひとつは、田淵民男さんのお見舞いをすることでした。郷田實ご夫妻と敏子先生と田淵さんの4人が映る写真が、山猫軒(実践場の台所)に飾ってあります。設立当初からの長いお付き合いもあり、田淵さんが入院している病院の病室に入ると、敏子先生は言葉をかけながら、手を握ったり抱きしめたり足をさすってあげたりしていました。綾の自然生態系維持農法を支え実践されて来た頑強な体を持つ田淵さんですが、81歳の今、今年の暑さに体調を崩されたようです。充分回復されてから、賢治の学校生たちに再び指導して下さることを敏子先生は伝えていました。無事に退院されることを祈るばかりです。

長くなりましたが、9年生たちの日々のドラマは、書き切れないほどです。台風18号を案じていましたが、こちらでは雨がほしいところです。明日19日は、中秋の名月。みんなで夜空を仰ぎたいと思います。
[PR]
by ken-aya | 2013-09-18 22:18 |