ケンあや通信

kenaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

八十八夜

f0276551_1672666.jpg

ゴールデン・ウィークですが、一日も休むことなく仕事をします。昨年までの荒れ地と化した賢治の学校は、
大分綺麗になりましたが、まだまだ再生作業だけでも山のような作業があります。さて、先日東京在住の方から、実習生募集要項の請求がありました。少しずつですが、問い合わせがあります。新しい出会いが楽しみです。先日、一日中、手鎌を使い自然農畑の草刈りをしました。右手の小指に大きな豆が出来ました。これは食べられませんな。









f0276551_16284367.jpg

草刈り機を使うこともありますが、畑の宇宙を観察するには、手鎌が一番です。バッタやクモやミミズなどの生き物たちと出会いながら、ふと考えることがあります。虫たちにとって楽園のような世界を、僕は野菜を作るために草を刈ります。ある子どもの虫が「お母ちゃん、当分食べ物には困らないね」と言いながらニコニコしている姿を想像してみます。僕には、どの草が虫たちの食べ物なのか判りませんから、人間の都合でどんどん草を刈ります。畑の中の生態系に無知な訳ですが、知らずとも畝の横に草葉を残しては見ますが。









f0276551_16253571.jpg

種イモを2種植えてから、しばらく草を刈らずにいました。草の中で芽はすくすくと伸びていました。ただ、出てこない種もあります。個々の生命力の強さに関係があるのでしょうか。たくましさは嬉しく感動的です。









f0276551_16341476.jpg

西側の梅の木に実がなりました。3本あります。今年は梅干しに挑戦します。









f0276551_16392015.jpg

1本の大根から一体どれだけの種が採れるのでしょう。植物の仕組みは素晴らしいです。種は環境の情報を次世代に受け継ぐのだと思われます。種を採り続けることは、適地化することにもなるのでしょうか。









f0276551_1643397.jpg

ビワの実もなり始め、古い葉は大地に還ります。ビワの葉の新緑と枯色とが同居していて、とても美しく見えます。南九州では、ビワの葉を焼酎に漬けて、虫除けに使う人もいます。お茶にもなります。









f0276551_16492873.jpg

西側畑の道路沿いに、大きな桑の木があります。今、桑の実がたわわについています。養蚕が盛んな頃は、よく見かけることが出来ましたが、近年では目にすることがなくなりました。桑の実の効用について、調べてみようと思います。









f0276551_16513960.jpg

ミカンの木が変な場所に植えられてあります。日本蜜蜂が花から花へと飛んでいました。年々日本蜜蜂の減少が続いているそうです。フランスでは、ネオニコチノイド系農薬によるミツバチの減少に危機感を感じて、AVAAZコミュニティによる運動で先ずは2年間の使用禁止を実現させました。日本でも使われています。私たちが食べる作物の3分の2は、ミツバチの受粉によりますから、無関心ではいられませんね。









f0276551_16561939.jpg

西側畑の端に、レモンの木があります。ここへ来たとき根元から折れていました。子どもたちが何とか手当をしたようです。見事に花が咲いていました。枝までレモンの香りがすると、子どもたちは喜んでいました。









f0276551_1702146.jpg

さて、今回のお題の八十八夜は過ぎてしまいました。軟らかいお茶の葉はとても元気そうです。当初は、蔓に絡まれたり、荒れ放題でしたから、病気にもかかっていました。気の毒でしたので、3月に思い切って剪定をしたのでした。地元の農家さんから、その時期に剪定してはいけないとアドヴァイスも受けていましたが善は急げです。そろそろ新茶摘みです。今、綾手づくりほんもの処へ、加工食品を卸しているため、ゴールデンウィークが過ぎるまでは加工所にかかりきりです。子どもたちの健やかな健康を願い、体をよごさない美味しいお菓子作りに励んでいます。新茶摘みは、来週になります。釜炒りのための、簡易カマドも作ります。自然農のお茶はどんな味がするのでしょう。初めての製茶ですが、とても楽しみです。









f0276551_17155218.jpg

大きなヤマモモの木の下に、ローズヒップが群生し、同じように群生するこの植物は何というのでしょう。白い花は、目を引く美しさがあります。もう半世紀も生きているのに、知らないことばかりです。来週は、畑作業にも汗を流します。

☆☆ 賢治の学校 綾自然農生活実践場ホームページ  http://www.ayakenji.onamomi.biz/
[PR]
by ken-aya | 2013-05-03 17:20 |